お悔やみの電報(弔電)最新の記事

お悔やみの電報を送るには

お悔やみの電報を送る先は、故人の自宅か告別式の会場になります。社葬に出席できない時は、お悔やみ電報・おくやみの言葉を送るのは会社になります。
電報を送る際の注意点がいくつかあります。電報の宛名と差し出し人はマナーに準じて喪主かご遺族様とし、自分はフルネームを書いておきます。友人などでは故○○様というような宛名にすればよいのですが、友人の親となれば、ご尊父(そんぷ)、ご母堂、ご岳父様(がくふさま)・ご岳母様(がくぼさま)などの敬称を使い、社葬の場合は社長様・会長様を使います。
お悔やみは突然のことなので、電報台紙などどのような物が良いのか迷います。故人を偲び、気持ちの伝わるものを選びましょう。電報を送るタイミングはお通夜が始まる前にしておくのがよいとされます。葬儀当日に弔電紹介が行われる事が多く、それに間に合うようにします。時間などが分かれなければ、会場に問い合わせておくと確実です。
花束や花かごを一緒に送る際はなおさら送られるほうも置き場所などの準備が必要になりますから、早めに手配しておきます。
自宅に送る場合は、お花などが他の方からも大量に届く事も考えられるので、住宅事情も考慮し、控えめな大きさにしておくのもひとつの考え方であり、電報を送る際の心遣いとなるでしょう。

お悔やみの電報(弔電)について

本来ならば参列したいところを電報で哀悼の意を表わす事になりますから、香典と同程度の料金を目安にしてはいかがでしょうか。
カテゴリー
更新履歴
お悔やみの電報を送るには(2009年7月 2日)
電報とお花でお悔やみを(2009年7月 2日)
お悔やみ用電報の相場(2009年7月 2日)
お悔やみ向けの電報台紙(2009年7月 2日)
人気のお悔やみ電報(2009年7月 2日)