お悔やみの電報(弔電)

本来ならば参列したいところを電報で哀悼の意を表わす事になりますから、香典と同程度の料金を目安にしてはいかがでしょうか。

Top > 2009年7月

新着情報【2009年7月】

お悔やみの電報を送る先は、故人の自宅か告別式の会場になります。社葬に出席できない時は、お悔やみ電報・おくやみの言葉を送るのは会社になります。

豪華さを表わしたいなら、白い胡蝶蘭が咲く鉢植えがお薦めです。電報料金は5本立てに台紙が付いて36,000円(「ハート電報」の場合)と比較的高くなりますが、華麗な胡蝶蘭の姿には心慰められるでしょう。

お悔やみの電報は、遠方にいてお葬式に参列できない場合や仕事などで参列できない時に送られます。

お悔やみ用の電報台紙で高級感があるとして好評なのは、手漉き和紙や漆塗りの台紙になり、目の上の方へ送る場合にこちらのタイプを選ぶのはおすすめです。

人気のスタイルは、気品があって落ち着いたイメージのあるものです。葬儀の場に置かれる事を考えて、控えめな、それでいて品の良さを感じられるものは、口コミでも評価が高いでしょう。
カテゴリー
更新履歴
お悔やみの電報を送るには(2009年7月 2日)
電報とお花でお悔やみを(2009年7月 2日)
お悔やみ用電報の相場(2009年7月 2日)
お悔やみ向けの電報台紙(2009年7月 2日)
人気のお悔やみ電報(2009年7月 2日)