Top > 電報とお花でお悔やみを

電報とお花でお悔やみを

電報でお悔やみの気持ちを伝えるなら、一緒に花を添えてはいかがでしょうか。フラワー電報には弔電に最適なものが多く、また、花は悲しみを癒してくれますから、故人はもちろん、ご遺族の気持ちに沿う贈り物になります。お花の種類は、花束、フラワーアレンジメント、花かご、プリザーブドフラワーに鉢植えがあります。
手軽に送れるのはプリザーブドフラワーがセットになった電報です。人気のプリザーブドフラワーは、届いてからの手入れが不要で、美しさが1~2年ほど続きます。
お悔やみ電報として仏壇に備えて貰ったり、水替えもしなくて良いことから墓前に置いてお供え物にするという利用法もあります。
豪華さを表わしたいなら、白い胡蝶蘭が咲く鉢植えがお薦めです。電報料金は5本立てに台紙が付いて36,000円(「ハート電報」の場合)と比較的高くなりますが、華麗な胡蝶蘭の姿には心慰められるでしょう。鉢植えは育てる楽しみもあるので、園芸好きな方へのお悔やみ電報としても向きます。
お花の選び方にも注意します。宗教に応じお悔やみの花を選びましょう。仏教の場合ですと菊、キリスト教だとカーネーションなどが好まれると聞きます。他には白百合もいいですし、カスミソウのような花を使っても問題ありません。お悔やみの電報に相応しいお花を選び、心からの哀悼の意を伝えます。

 

 ロクシタン  ワーナーマイカル  オルビス
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
お悔やみの電報を送るには(2009年7月 2日)
電報とお花でお悔やみを(2009年7月 2日)
お悔やみ用電報の相場(2009年7月 2日)
お悔やみ向けの電報台紙(2009年7月 2日)
人気のお悔やみ電報(2009年7月 2日)